sei l'unico che può rendermi felice.

花より男子の二 次 小 説。つかつくメインのオールCPです。

09月≪ 10月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2022年10月

You belong with me. 後書き

You belong with me. 後書き





You belong with me.」を最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。



You belong with me.」のテーマは、「つくしちゃん、執念の10年間」でした。


You belong with me.」は、「あなたは私と結ばれる運命」とか、「あなたは私と一緒にいるべき」とか、そういう感じの意味です。執念めいたものを感じますね。


一度は書いてみたかった、道明寺の記憶喪失ネタです。

またしてもありきたりな感じですみません。


このお話は、つくしちゃんに「あんたは、あたしの男なの!」って言うセリフを言わせたかっただけです。

つくしちゃんこだわりの名前で呼べのセリフですが、何だかんだ理由を付けつつも、前みたいに「牧野」って道明寺に呼んでもらいたいが為です。


とにかく、つくしちゃんが道明寺の為だけに10年間過ごす。

道明寺の側にいたい、その為なら道明寺の両親さえも脅してやるっていう。

おかげで『企業犯罪』を検索しまくりました。

これがどれ程の脅迫になるかは分かりません。字面で凄そうと思って書いたので、大したことなければご容赦ください。

まぁでも、結局は道明寺のお父さんとお母さんの掌で転がされてたわけですが。



そして、楓さんがめっちゃ話す。

いや、楓さんに限らずなんですけれども。

これはもう、はらぺこ02の限界でした。すみません。

登場人物に話をさせないと、どうにもならないとか、文才のなさを露呈しました。

書いていくうちに辻褄が合わなくなってきたり、自分の中では完結していても、何回も推敲していると、これを入れないと読んでる人は分からないんじゃないかとか考え始めて、セリフが長くなる。悪循環でした。


うさぎのぬいぐるみのお話も入れるか入れないか悩みました。

でも、あれが楓さんとつくしちゃんのターニングポイントかなと思っています。

あの道明寺が重体になった場面で、こんな母親でかわいそうってつくしちゃんに言われたからなのか、うさぎを司さんの身代わりにしちゃいけないと思ったのか、そこは楓さんじゃないと分からないですが、うさぎのぬいぐるみを捨てましたよね。

でもそれを見て拾った人がいて、それを拾った人がこのことを伝えたいと思った人がいた。

その話を聞いて、楓さん相手でも素直にごめんなさいと言える子だったから、そんな子が司さんの側にいてくれるならと、楓さんはうさぎを受け取らないで、つくしに託した。でも全てを許したわけではない。って言う、はらぺこ02的な解釈です。



あと、初めてRを書きました。

楽しかったです。はい。

10年前の呪いじゃない、言霊です。

こわいですよね、言霊。

28歳と27歳の童貞処女設定にしましたけど、この歳でそこまで恥ずかしがったりとか、躊躇うとかって流石にもうないかな、と。

道明寺の上半身裸を見てびっくりしちゃったけど、もうヤッちゃえって。

ここまで来たら、身も心もあたしのモノですからね。


あと、土星のネックレス。

これもどこで入れるのか悩みました。

道明寺の記憶が戻ってからのつくしちゃんは、道明寺と対面する前、病室の扉を開く時に胸元に手を当ててます。

病室の扉を開けるシーンは2回ありますが、これです。

服の上から握り締めさせるかとも思いましたが、仕草としてはあからさまに不自然だし、ブラウスに皺が寄るのも大人の女性として身だしなみ的にみっともないと思ったので、手を当てるだけです。

記憶の戻った道明寺に、運命共同体と信じていたいけど、10年の月日に不安が付き纏う。そんな時に力をもらっていたっていう。



そして、今回のお話を書きながら思いましたが、道明寺のことがめちゃくちゃ好きなつくしちゃんを書くのが好きみたいです。

はらぺこ02の中のつくしちゃんは、道明寺が大好きなんですよ。素直に言えないだけで。




こんなことを言ってますが、次のお話は類つくです。

短いです。3話で終わります。

この類つくは、「You belong with me.」の最終話を推敲している間に浮かんだお話なんですが、ハピエンつかつくの最中に、つかつく破局から始まる類つくを思い付いたので、若干脳内が混乱しました。

こちらもお楽しみいただければと思います。

それではまた。




はらぺこ02





にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

スポンサーサイト