sei l'unico che può rendermi felice.

花より男子の二 次 小 説。つかつくメインのオールCPです。

11月≪ 12月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月
BLOGTOP » All you need is love. » TITLE … All you need is love. 3

All you need is love. 3


All you need is love. 3





なにがどうしてこうなった。



ガンガンと痛む頭に意識が戻り、薄っすらと目を開けて見れば、そこには男の分厚い胸板。

正面から体に腕をまわして抱きしめられているようで、身動きが取れない。



どういう状況なのか。これは酔った勢いでってやつか。

まさか自分がそんな経験をするとは。

全くなんにも微塵たりとも思い出せない。



道明寺とは、それこそ連絡が取れなくなる前だけど、何度か会える機会があった。

まぁその時にそういう身体を重ねることもあったんだけど。


ただ、最後はもう5年以上前の話だ。

もう初めてではないし、純潔がどうのこうのと言うつもりもない。

純情ぶるつもりもない。


だから経験が少なくともこの身体の違和感は多少なりとも分かる。



これは致している。



もうここからはパニックで、お酒を飲んで記憶を飛ばすのも初めてだし、起きたら知らない場所だったなんてことも初めて。

そしてもちろんあたしも裸のままで、相手も裸と思われる。



この人は誰?!なんで?!どうして?!の疑問ばかりで痛む頭に身動きも取れなくて、訳のわからない状況で。

焦る心で体を少しばかり動かしてみたら、あたしを抱きしめている腕が僅かに緩んだ。


その隙に脱出を試みる。

ギュッと抱きしめられていたのに、するりと体を反転させて抜け出せたことにビックリしたけれど、そんなことを気にしている場合ではない.

これはラッキーとばかりに、そこからは、とにかく後ろを振り返らず、とりあえず目に付いた自分の衣類を引っ掴んでバスルームへ。

下着のパンツが見つからなくて、でもベッドルームに戻る勇気もなくて、スカートの中がスースーしてるけど諦めて静かに部屋を出た。



部屋を出てすぐに、ここがメープルホテルの中だと分かった。

道明寺との初めてはメープルホテルの一室だったから。

その時のことを思い出して、我慢していた涙が少し出た。



バカなあたし。


お酒を飲み過ぎて、誰とも知らない人と体を重ねてしまった。

道明寺に会って、ひと目見て。声を聞いた。

ただそれだけで泣いてしまった自分に、やっぱり道明寺が大好きなんだと思ったばかりなのに。


帰り道、洋服に僅かに付いた部屋の香りに、どこか懐かしさを感じたものの、ひたすら5年前のあの時からの後悔ばかりが心を占めて、懐かしさなどあっという間に消え去った。



やっぱり道明寺を思い出すと涙が出た。

もう泣かないと決めたはずなのに。









関連記事
スポンサーサイト



テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう