sei l'unico che può rendermi felice.

花より男子の二 次 小 説。つかつくメインのオールCPです。

01月≪ 02月/1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月
BLOGTOP » Call out my name. » TITLE … Call out my name. 5

Call out my name. 5

Call out my name. 5





道明寺と関係を持つようになって2ヶ月。
あれから夏の暑さはいつの間にか過ぎ去り、朝晩の冷え込みが気になり始めた頃。
退職日まであと2週間と迫っていた。

道明寺のお母さんから何かアクションがあるかもと思ったけど、今のところ何もない。
田中さんと佐藤さんも、何も言ってこないから、まだ大丈夫なのだろう。まだあたしの存在には気付いてないのか。

もうすぐ道明寺は海外出張の予定で、2週間は帰ってこないと噂で聞いた。
だからあと少しで道明寺とは、さよならしなくてはいけない。
道明寺が海外出張に行っている間に引っ越しもする。
あと、少し。

道明寺がこの関係をいつまで続けるつもりなのか分からないけれど、もう、この関係も止めなければ。
道明寺のお母さんが気が付く前に。
分かっていたけど、そろそろ辛い。
最近、胃が痛い。食欲も、ない。
体調が良くないのは、やはり精神的にキツいからだろう。

好きな人に、恨まれ憎まれるのは、自業自得だけど辛い。
あたしがこんなことで辛いとか言えた立場じゃないのは分かってる。
でも、道明寺ごめんね。どこまでも自分勝手でごめんね。
あと少し、あと少しだから。

このままいなくなるあたしを、許さないで。
また道明寺の前からいなくなるあたしを、憎んでいて。
それだけで、良いから。

あたしを忘れないで。



海外出張に行く前日に道明寺はアパートに来た。

今夜も無言で交わり合う2人。
お互いの荒い息遣いと、あたしと道明寺の混ざり合う音だけが廊下に響く。

わかってるよ、道明寺。
始めから、今までキスしてくれないのは、そういうことだ。
いつも後ろから攻められるのも、顔を見たくないほどに。

この人は、あたしを傷付けたいのだ。
自分がされたように、同じだけ。
気持ちはないのだと、あたしが6年前に道明寺に言ったように、道明寺もあたしが一番ダメージを受けるであろう方法で、言葉もなく。
だから、あたしもキスを求めない。
求めては、いけない。

「牧野、」

名前を呼ばないで。
涙が出てしまう。
たまに道明寺は思い出したかのように名前を呼ぶことがある。

それが、とても優しい声で。

恨んで、憎まれているはずなのに、勘違いしてしまいそうになる。
だから、名前を呼ばないで。
あたしの中の好きが、あふれてしまう。
もう、これ以上はないと思うほど好きなのに、抱かれるようになってから、もっと。

きっと好きに上限はないのだ。
もし上限があるのなら、それを超えてしまったその先に、何があるのだろう。
なのに、キスをされたら、その時は、


「牧野、」

つい名前を呼んでしまえば、あの頃の思い出が出てきそうになる。
憎いはずなのに、抱けば抱くほど、名前を呼んでしまう度に、あふれそうになる。

この行為に言葉もなく、前戯も禄にしてやらないで、乱暴に扱って。
ただ、俺の欲をコイツの中に吐き出すだけ。

ここまでしているのに、なぜ泣かない。
なぜ、許しを乞わない。
なぜ、なにも言わない。

なぜ。

恨んでいるのに、憎いはずなのに、傷付けたいのに、なぜ。

なぜ俺は、何度もコイツに会いに来て、求めてしまう。

俺は、牧野に、何がしたい。

「牧野、」

キスなどしてやらない。
してしまったら、



己にすら隠していたはずの気持ちが、あふれて止まらなくなってしまいそうで。




外の気温が下がり始めた夜に、冷たい廊下の床で息を整える。
汗ばんだ皮膚が、すぅと冷えていく。
今日も何も言わずに出ていこうとする道明寺。
もう、きっと今日で最後だ。
次に道明寺がこのアパートを訪れる時、あたしはいない。


道明寺。
道明寺が何を思っていても、あたしはずっと道明寺が好きだよ。
ごめんね、道明寺。
こんなことで、あなたの傷付いた心が元に戻ることはないだろうけれど。

道明寺が、靴を履く。
ドアノブに手を掛ける。

忘れないよ。
あたしはずっと、きっとあなたを忘れられない。
だから、どうか、道明寺もあたしを忘れないで。
これが、最後のわがままだから。

最後に、最後だから一度だけ。
扉が閉まる瞬間に。


「バイバイ、道明寺。」


最後まで、キスもなく、道明寺の名前も呼ばなかった。

違う。名前を、呼べなかった。
あの頃のまま、同じように「道明寺」と呼んだら、泣いてしまう。
あの時、本意ではなかったと、あの時も今も好きなのだと、言いたくなってしまうから。
そんなこと、許されるはずもない。

扉は閉まっているのに、寒くて体が震える。
もう二度と、道明寺の温もりに、触れられない。
分かっていたことなのに。


ごめんね、道明寺。
今だけだから、今だけ泣かせて。


もう、あなたを想って泣くのは、これで最後にするから。










にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



*** COMMENT ***

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

切ない、、

初めまして。
初めてコメント残させていただきます。
ここまでとても切ないですけど、これからの展開とても楽しみです!とても面白いです、これからも読ませていただきたいです!

ボルドー様

いつもコメントありがとうございます。

ボルドー様に言われるまで、ランキング1位にも気付きませんでした…!

ボルドー様には、いつも応援いただきまして、ありがとうございます!
お褒めの言葉もコメントも、大変励みになっております。

これからも頑張りますので、こちらこそよろしくお願いします!
更新頑張りますね……!

hanadanlover様

はじめまして!
コメントありがとうございます。

面白いと思っていただけているようで、大変嬉しく思います。
まだしばらく、このお話は続きますので、ぜひこれからもお読みいただければ嬉しいです。

更新頑張りますね!

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう